読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

(元)夫の発言に驚かされる毎日です。離婚しましたが、まだまだ落ち着きません。

かあさん、いっきまーす(家庭裁判所へ)

行ってきました!

 

家庭裁判所へ!

 

引っ越しと同時に離婚調停の申し立てをしていまして

約2か月後に第一回目の調停がありました。

 

調停は郵送で申し立てすることができます。

費用は2,000円ぐらいでした。

 

指定された時間に、裁判所の調停者の待合室に行きます。

申立人(私)と相手側(夫)の待合室は別々です。

私がいたのは申立人待合室でした。

 

待合室には十数人の人がいて

私は一人でしたが、

中には2~3人のグループも。

おそらく申立人と弁護士さんなんでしょう。

弁護士さんがついている方は、明るく和やかに話していました。

中には、「あいつ、あんな態度取るなんて信じられない!」など

相手方に対しての不満を大声で話している人もいました。

でも、どこか悲壮感はなく、

絶対負けないからな!みたいな意気込みが感じられました。

申し立ててる側ですからね。

相手側の待合室の様子はどんなんなんでしょうね。

 

調停員に名前を呼ばれ、個室に入ると

2人の調停員がいました。

 

私は主訴を伝え、調停員の質問に答えます。

彼らは穏やかな様子で、調停について説明してくれました。

 

15分ぐらい話したところで、相手側(夫)と交代するようです。

同室することはないんですね。

 

また、待合室で20分ほど待ったのち

個室に呼ばれましたが

 

夫は

 

来ていませんでした…。

 

f:id:akireko:20170125010803j:plain