読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

モラハラ夫のびっくりするような暴言

地下鉄の駅

ライブ会場を出た私は、地下鉄の駅に駆け込みました。

久しぶりの全力疾走。

 

何年も前の記憶が脳裏によみがえりました。

怒鳴られて、殴られて、走って家を飛び出した私。

すぐに夫につかまり家に引きずり戻されそうになりました。

近くにいた人に「警察呼んでください!」と助けを求めたけれど

誰も動いてはくれませんでした。

 

夫に捕まる、その恐怖から逃れるように、ひたすら走り続けました。

f:id:akireko:20160505232714j:plain