読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

モラハラ夫のびっくりするような暴言

50歳までに彼氏

西原理恵子さんの「ダーリンは70歳」を読みました。

50歳にして彼氏ができた西原先生。

 アル中のご主人と離婚し、ガンで亡くなるのを看取った、その後の人生です。

 

人生で今が一番幸せとの西原先生。


忙しい高須先生(彼氏です)に拗ねたり、怒ったり、時にはヤキモチ焼いたり。

可愛らしいですが面倒くさい女です(^_^;)


怒ってるのに怒ってると言わない西原先生に対して、

「ねえ、もしかしたら怒ってるの?」

と尋ねる高須先生。

私が怒るようなことした覚えはないんでしょう?じゃあほっとけば?

と素直じゃない西原先生に対して、

「わからないんだよ。なおすから、教えて」

と言う高須先生。

僕もう70歳なんだ。この先長くないから、時間がもったいないんだよと。


ああ、なんか素敵だなと

思ってしまいました。


怒りに怒りで返しても意味がない。

ケンカする時間がもったいない。

好きで一緒にいるんだから、残りの時間を楽しく過ごしたい。


そんなことわかっているはずなのに、

素直になれないせいで無駄な時間を

費やしてしまうんですよね。



高須先生の対応は、

大人で、合理的で、 

とても温かい印象を受けました。

 

f:id:akireko:20161106233134j:plain