読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

モラハラ夫のびっくりするような暴言

眠れない

10月のライブ事件から、私は決意していました。

夫はこの先もきっと変わらない。

くだらないことで機嫌が悪くなって、

子供に怒鳴ったり

部屋に引きこもったり。

この先、と一緒にいても幸せにはなれない。

 

シングルマザーになるということは、

実際の生活の苦労ももちろんのことだけれども

それ以上に偏見や蔑みの目で見られることも覚悟しなければいけない。

面と向かって口にする人は少ないかもしれないけれど

私も子供も、嫌な思いをすることもあるかもしれない。

 

今すぐにじゃなくても、高校を出るまで我慢したほうがいいのかもしれない。

 

そんな迷いがありました。

 

それでも私が決めたのは、

私自身が眠れなくなってしまったからでした。

 

以前から、が夜中に帰ってくると、その音で目が覚めていました。

は帰るなり、私と息子がいる部屋に駆け込んできて怒鳴り散らしたこともあります。

大声は出さなくても、ちょっと話があるから来いよと呼ばれることもしばしばでした。

夜中の1時だろうと2時だろうと

夫は自分の都合がすべてです。

 

長年そんなことが続いて、

私は夫が帰ったあと、夫が自分の部屋に行くまで安心して眠れなくなってしまっていたのでした。

 

目が覚めた後、眠れない。

早朝覚醒してしまう。

これは今でも少なからず続いていますが、もしかしたら

うつ病の兆候だったのかもしれません。

 

日中もぼんやりすることが多くなり

息子に話しかけられても、話が耳に入ってこなかったり

 

このままじゃいけない、と

考え始めるようになりました。

 

 

f:id:akireko:20160821202617j:plain