読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

モラハラ夫のびっくりするような暴言

着信

逃げおおせた私は、ファミレスで時間をつぶしてから実家に帰りました。

その間、携帯の電源は切っていました。

夫は実家まで追ってくる人ではないのはわかっていましたが

万が一のことも考え、11時を過ぎるのを待ちました。

追ってきたとしても、私がいないことがわかって諦めて帰っているだろう、そう考えた上の判断でした。

 

たかが外出中に口げんかになっただけで・・・と思われる方もいるかもしれません。

 

でも、私にとっては、過去に何度も繰り返されてきた恐怖の時間の再現。

身を守るためには、逃げることしかできなかったのです。

 

実家に帰ってから携帯の電源を入れると

無数の着信、メールが残っていました。