読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきれてものもいえない

(元)夫の発言に驚かされる毎日です。離婚しましたが、まだまだ落ち着きません。

余談その3 離婚後のことを考える

家賃と光熱費しか払わない夫。

家事、育児に非協力的な夫。

 

これは、離婚した方が生活が楽なのでは・・・、

と思うことがあります。

 

いままで、何度も、離婚した場合の生活を脳内でシュミレーションしています。

 

離婚した場合の収入

①パートの給与

児童扶養手当(ひとり親手当)(18歳になるまで)

全部支給:月額41,020円

一部支給:月額41,010円~9,680円(所得に応じて)

③児童手当 月額10,000円(中学3年生まで)

④児童育成手当 月額13,500円 ひとり親手当)(18歳になるまで)

※平成27年4月現在、東京都の例です。

 

もらえるかわからないけど

⑤養育費

 

その他、税金控除等があります。

パートからフルタイムの仕事に変えて、

さらに、都営住宅に入居できたら、今より余裕ができるかもしれない・・・。

 

金銭的にも精神的にも。

 

 

母子手当があっても、なかなか生活が苦しい世帯はたくさんあると思います。

でも、一番苦しいのは、夫が生活費を全く入れてくれない、離婚もしてくれない

という母子ではないでしょうか・・・。

旦那さんと別居して、実質、母親一人で生計を維持しているけど、

離婚が成立していないから母子手当がもらえない!

そんな家庭もたくさんあるのではないでしょうか。

 

 

うちの夫もすんなり離婚に応じてくれるとはとても思えない。

離婚を切り出してから、決着がつくまで、先は長そうです。